いつでも君は。。。

<野良猫からマンション猫に出世した二匹の兄妹猫の日常をゆるりと綴ります。>

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昔の話 エピソード1

 今日は昔横浜の田舎に住んでいた頃の話を。

 アパートは駅から10分位の所にあるんだけど、山を2つも越えなければならない。
最初は坂道がきつくてすぐに次の引越しを考えていたが、そのうちに体力がついて
へーっちゃらになっていた。

 その日は残業で遅くなり、いつもの坂道も真っ暗だったので早歩きで歩いていた。
すると後ろに誰かの気配。



「はぁっはぁっはぁっはぁっ・・・。」



(えっ?なにっ?)

ちょっと恐かったので、少しだけスピードアップ。



「早いよっ」

「はぁっはぁっはぁっはぁっ・・・。」



(あたしのこと?誰っ?)」

変質者が出るなんて聞いた事ないけど・・・。
ますます恐くなって、競歩のような歩きに。



「ちょっと待てよ、待てって!」

「はぁっはぁっはぁっはぁっ・・・。」



(やだっ、追っかけてくるっ!怖いじゃんか、きゃーっ・・・。(;_;))」


結構キツイ坂道なんだけど、猛然とダーッシュ。あーっ、でももう走れなーいっ。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

ダメだと思ったその時、あたしの横を、金髪をなびかせたでかい物体が通過ー。

その後を引きずられるようにおじちゃんが通過ー。


おじちゃん「あっ、どうもこんばんわーっ。」




へっ?

・・・犬の散歩・・だった・・・。


犬に引きずられる



お粗末さまでした。  m(_ _)m




一日一ポチ ぷりーず。
スポンサーサイト

| ちょっとした話 | 21:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。